探偵に浮気調査を依頼した人の体験談

パートナーの浮気調査をする場合、
自分で調査をする選択肢、
探偵に浮気調査を依頼する選択肢があります。

 

探偵に浮気調査を依頼した人の体験談を知る事で、
自分で調査をするのか、
探偵に頼むのかの判断材料になることもあるようです。

 

調査依頼をした人の体験談を
幾つか挙げてみたいと思います。

 

まずは、浮気の事実が発覚した例です。

 

夫が急に残業が増えたりと会社から帰ってくるのが遅くなり、
こまめに携帯電話をチェックしたりするようになったために
調査依頼をした所、会社に新しく入ってきた新人の女の子と
浮気をしていた事が分かりました。

 

その事実を元に離婚に踏み切ることになり、
慰謝料請求をして別れたという例があります。

 

男性の場合には浮気をしている事が行動にでやすいと言われ、
怪しいと思って調査した場合には
ほぼ浮気をしていると言ってもいいので、
あらかじめ離婚の準備を整えておくのも良いようです。

 

別の例としては、婚約相手が中々会ってくれないなどと
態度が変わったため、浮気を疑って調査した所、
結婚資金確保のために仕事とは別にバイトをしていた事がわかり、
結果として丸く収まったという例もあるようです。

 

浮気調査をすることで分かることは色々とありますので、
気になったら調査するのが良いでしょう。

 

浮気調査が失敗したら、どうなってしまうのか?

 

パートナーの浮気の可能性があり、浮気調査を行う場合、
浮気をしている、していないと明確な結果が出ればいいのですが、
どちらの証拠も掴めずに失敗してしまう場合があると言われています。

 

失敗にも様々なものがあり、一番ひどいものでは、
浮気調査をしていることが相手にバレて、
浮気の証拠隠滅を行われたり、
浮気関係を一旦解消するなど、浮気の事実を掴めない上に、
改めて浮気調査を行ってもまた失敗するような状態です。

 

素人が自分の力で調査をしようとすると
このような残念な結果に終わることが多いようです。

 

他にある例としては、
漠然とした浮気の可能性から調査を始めたため、
浮気調査のために使える費用や時間が限界を向かえて、
浮気調査の途中で切り上げる必要が出るパターンです。

 

調査結果が確実に出ないため、失敗ではあるのですが、
調査相手にも気づかれていない事が多いため、
改めて時間を用意したり費用を用意したりして調査をすれば、
今度は調査結果を得ることができると言われています。

 

プロに頼めば浮気調査がバレて失敗するという
最悪のケースは避けられるので、
調査をする場合にはプロに相談するようにしましょう。